単身引越しセンターとは?

単身引越しセンターはかかる料金・価格を少しでも減らし、
充実した新生活を送って頂ける様に、 厳選した業者(会社)に見積もり価格を出し比較していただくサービスです。
またキャッシュバックをサービスをご利用する事で、 安い(最大0円!?)費用・料金・価格で実現できます。

キャッシュバックサービスの他にも、ペット・ピアノ・マイカー輪送など
充実したサポートサービスをご用意しておりますので安心してご利用いただけます。

単身引越しを安い費用・料金・価格で考えているお客様や、
一括見積もりで費用・料金を比較したいと考えているお客様など是非ご活用ください。

東京・神奈川(横浜)・千葉・埼玉・大阪・京都・愛知(名古屋)・福岡などへ
就職や進学のために引越しを考えている皆様や、
一人暮らしを始めたいと考えている皆様、この機会に是非ご利用・ご活用ください。

単身引越しセンター 対応エリア

北海道、青森、秋田、岩手、宮城、山形、新潟、福島、茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川、山梨、長野、福井、岐阜、愛知、静岡、京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫、鳥取、岡山、島根、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

見積もりを閉じる

業者の費用・価格を見積もり

単身引越しのstep1引越しは です。 単身引越しとファミリー引越しの違い 単身引越しのstep2移動距離は 距離が不明な方はこちら です。

単身引越しのstep3無料お見積もりスタート

格安!激安!料金・比較引越業者一覧

単身引越しお申込み

単身引越し確認

あなたの引越し費用は気になるお見積り価格をザックリ

同時申し込みでキャッシュバック!

費用・料金・価格が格安?

あなたの引越し費用は気になるお見積りをザックリ
各会社キャッシュバック合計

※繁忙期を除いた、概算料金です。(時間指定なし) ※平日割引もございます。

激安?各会社キャッシュバック商品選択

  • ネット回線同時申込みで安い安い費用・価格のチャンス
  • プロバイダ契約で格安費用良い会社を探すチャンス
  • wifi契約で安い費用・料金安い会社を見つけるチャンス
  • スマホを購入で格安費用通信費用を節約するチャンス
  • サーバーで安い費用料金・価格の安い会社と巡り合うチャンス
  • キャシュバック:¥ネット回線申込みをクリア
  • キャシュバック:¥プロバイダ契約をクリア
  • キャシュバック:¥wifi契約をクリア
  • キャシュバック:¥スマホを購入をクリア
  • キャシュバック:¥サーバー申込みをクリア""

格安費用・価格を比較したい方

見積もりの前に確認!単身引越しあれこれブログ

引っ越し業者の選定

まずは引越し業者の見極めが大切

  • 引越しの日取り選び

    引越しを決めるときにまず決めることは「日取りを決める」だと思います。日取りと業者の選択は重要です。 ・ピーク直 […]

  • 業者選びのポイント

    業者もトラック2~3台で経営している町の運送業から、CMで有名な大手運送業者まで様々です。 ・業者選びの3つの […]

  • 業者選びの注意点

    全国には運送業者が4万社近くあるといわれていて、その中には無免許で営業している業者が多いのも事実です。 その中 […]

  • 業者との打ち合わせ

    業者を決めた場合しっかり打ち合わせを行なうことは後々のトラブル回避には大切です。 ・スケジュール 作業開始時間 […]

  • 下見をしよう

    引越しの際に大切なことは「下見」です。 たとえ何回か新居に足を運んでいても、いざ引っ越しとなると、不動産屋から […]

見積もりと会社一覧を見る

引越しで必要な諸手続き

公的な手続きがいろいろ必要です。

  • 引越し前の手続き

    引越しの準備を始めると運送業者の手配や荷造作業などで時間がかかり、役所の手続きなどこまごま忘れがちになってしま […]

  • 退去の連絡

    引越しが決まったら、賃貸住宅に住んでいる場合には、大家さんまたは住宅を管理している不動産会社へ退去の連絡をしま […]

  • 学校への連絡

    就学中の子供がいる場合は、学校へ通えるようにするために転校の手続きをしなくてはいけませんが、行政地区によって手 […]

  • 電話の移転

    NTTの固定電話の手続きは、早めにしておかないと当日から電話が使えない場合があります。 ・「116」に電話して […]

  • 粗大ごみの処分方法

    ・粗大ゴミや不用品はどのように処分すればいい? 引越しは不要なものを一気に処理するいい機会、今までこれはもうい […]

見積もりと会社一覧を見る

引越しの見積もりと料金システム

引越の基本運賃は業者によって違います

  • 見積もりをとる

    ・見積もりは必ず最低2~3件に頼む 見積もりをしたからといってその業者に頼む必要はありません。 見積もりは各社 […]

  • 運送保険

    引越し保険を知っていますか? 荷物の搬送中、万が一破損したり紛失したりというトラブルに備えて、必ず保険をかけて […]

  • 運賃システム

    引越しを運送業に頼む場合、なるべく安い料金で行いたいのは当然のこと。料金が品物を買うときのように値段が表示され […]

  • 料金のしくみ

    費用は見積りの際に事業者が説明しますので内容をしっかり確認して契約する必要があります。 内容を曖昧にすると、後 […]

  • 色々な割増料金

    料金は、一定ではありません。 距離や荷物の量によってはもちろん、引越しをする時期によっても大きな違いがあります […]

見積もりと会社一覧を見る

荷造りに必要なこと

荷造りは気をつける事がいっぱい

  • 荷造りで不用品の処分

    ・荷物を減らす 必ずしなければいけないことが荷造りです。 必須の作業である上に、さらに手間と時間のかかる作業で […]

  • 単身引越しのお手伝い

    ・誰かに手伝ってもらっている 引越しには、自分だけで行うか、家族で行うか、あるいは業者に頼む、などの方法があり […]

  • リストアップで荷物を把握

    ・荷造りの前にリストアップ 荷造りの前に荷物のリストを作っておくと、のちのちの作業をスムーズに行うことができま […]

  • 段ボール収集

    ・荷造りには段ボールが必要 段ボールが無くては荷造りが始まりません。 引越しを業者に頼んでいれば、業者から段ボ […]

  • 新聞紙と服装について

    ・新聞紙を用意 荷造り作業においては、新聞紙が必要となります。 新聞を購読している家庭では、それまで届いた新聞 […]

見積もりと会社一覧を見る

見積もりも含め業者をしっかり比較して見極める

運送業者(会社)は全国に4万社ほどあるとされています。
そのほとんどは、大都市、すなわち、関東なら東京・埼玉・神奈川(横浜)・千葉、関西なら大阪・京都、
東海なら愛知(名古屋)に集中しています。
そして、そのほかの都市では名古屋・福岡・札幌などに運送業者が集中しています。

数多くある業者のなかには、行政に無認可で営業し、不当な料金を請求してくる悪徳業者(会社)が多く存在します。
そのような違法行為を行なっている業者(認可を受けていないので、正確には“業者”とは呼べない)へ
安易に依頼してしまうと、思わぬトラブルが発生して、痛い目に遭う恐れがあるので、十分に注意しなければなりません。
特に、進学や就職を機に初めての単身での一人暮らし(単身引越)をするような人にとっては、
引越しにまで気が回らないものであり、気をつけなければ悪質な業者(会社)に引っかかる可能性が高くなってしまいます。
正しい比較基準を持って引越業者(会社)を比較して選ぶことをおすすめします。

複数業者の見積もりで、相場と実際に掛かる費用を比較

現在ではインターネットが普及し、多くの口コミサイトが存在しますが、
口コミ情報には悪徳業者が自作自演で高評価していたりする情報が多く存在する為、
「見積もり金額が激安」「費用が激安」「サービスが充実」など...インターネットでの評判が良いからといって、
全てを鵜呑みにしないことが大切だといえます。

比較する際に悪質な業者に騙されないため、可能なら身近なところで最近引越しをした人に、
どこの業者を利用し、スタッフの対応はどうだったか、見積もり料金と実際に掛かった費用などを、
ヒアリングしてみるのも良いでしょう。

最近は、一括見積もり利用が主流となっておりますが、業者を自分で選ぶ際に、
まずは国内大手企業での見積もりを依頼し、
すぐに1社に決めてしまわず、沢山の業者へ見積もりを依頼し、
相場やキャンペーン情報をまとめ、比較・検討したうえで決めることが大事です。

賢い見積もりのとりかた

業者へ単身引越し・ファミリー引越し見積りに来てもらう際、最繁期は時間指定ができない場合が多いのですが、午前、午後、夜や日にちは相談できる場合がありますので、日程が決まったら早めに単身引越し・ファミリー引っ越しの見積り依頼をしておき、見積り日を設定しておきます。

その1日でまとめて数社、一気に見積りをとるようにすれば、費用の比較がしやすいですし、
サービス内容も明確に、業者毎の違いを知ることができます。しかも、効率よくスムーズに単身・ファミリーの見積りを行うことが出来るので、時間の節約ができます。

また、ファミリー・単身引越しの見積りの際には「この場で契約していただければさらに割引ます。」というようなことを、言われる場合も多々ありますが、すぐに飛びつかずに、いくつかの業者の見積もりやサービスなどを比較して判断することが大切です。

ほとんどの人は、ファミリー・単身引越しの見積りで出てきた料金(見積もり金額)だけを比較して業者を選んでしまう場合が多いようです。当然、見積りの金額は安いに越したことありませんが、単身引越しであれファミリーであれ引越料金だけの比較で選んでしまうと、後々トラブルや後悔の元になりやすいです。

見積もりの金額だけではなく、作業やアフターサービスなど、様々な面から業者を比較することが大切です。
「単身引越しやファミリーの激安引越しを依頼してしまったばかりに、家具やピアノや冷蔵庫はキズだらけ、荷物も壊れていた、
クレームをつけても全く対応してくれなかった。」なんて話はよくあることです。

予算を考えると、ファミリー・単身引越し料金(見積もり)が安いというのはもちろん大切ですが、
基本的な料金設定の仕組み(見積もりの出し方)を知り、
自分が本当に信頼できるファミリー・業者を比較して選ぶことがポイントだと思います。

ファミリー・単身引越しに必要な手続きは意外と多い

ファミリー・単身引越しに必要な手続きをまとめて全部やってしまおうとすると、なかなか簡単にはできません。
また、一度に済ませようとすると、必要な手続きを忘れてしまうことは、よく起こります。

いざというときに慌てなくて済むように、どのような手続きが必要になるのか、事前にしっかりチェックしておきましょう。

ファミリー・単身引越しに必要な手続きには、前の住居で必要なものと、新住所で必要になることの二通りが必要で、
それぞれの手続きについて、引越し前と後の二回行う必要があります。

以上のことを読んだだけで、ファミリー・単身引越しの面倒さが想像できると思います。
面倒なことは、先に済ませてしまいましょう。

一人暮らしにかかる費用について

一人暮らしをするにはさまざまな費用がかかります。一人暮らしでの引越しであっても費用はばかになりませんので、費用の概要を事前に知っておくだけでも準備の際に困らずにすみます。ここでは、一人暮らしにかかる費用を以下に紹介します。

まず当然の事ですが、一人暮らしにかかる費用は人によって大きく異なります。質素に暮らせる人もいれば、他の人から見たら無駄にお金を使っている人もいます。そのため同じ一人暮らしでかかる費用は大きく変わってきます。

また一人暮らしで住む場所によっても費用は大きく変わります。
特に大きくのしかかる住居費は、一人暮らしする地域によって高くもあれば、逆に安く済むことが出来る場所もあります。 都会での一人暮らしでは、光熱費などや食費だけでも費用が大きく異なります。
また同じ市内であっても、人気のエリアは住居費用が高く、駅から少し離れた所であれば費用が激的に下がることもあります。
特に初めての一人暮らし(単身赴任など)では何かと必要な物が多かったり、単身だからこそ外食中心になり食費がかさんだりと、想像以上に費用がかかる事も少なくありません。 そうした面も想定にいれ、自分の一人暮らしにふさわしい場所に引越す事をおすすめします。

単身引越し(一人暮らし)に必要なもの

単身赴任など、一人暮らしの場合にも必要な物が多いことに気づくでしょう。単身であるがゆえご自身で調達しなければいけない物も多いので、単身生活を快適にするためにも、事前に何を買うか想定しておきましょう。ここでは、単身での一人暮らしにかかる必要な物を以下に簡単に説明します。

家具や寝具(テーブル、椅子、こたつ、書棚、衣装ケース、枕、布団、ベッドなど)、電気製品(照明器具、掃除機、炊飯器、冷蔵庫、洗濯機、トースター、電子レンジ、暖房器具、ドライヤー、テレビ、パソコンなど)、 調理器具(フライパン、鍋、まな板、包丁、お箸、フォーク、スプーン、ボール、ゴミ箱とゴミ袋、台所用洗剤、密閉容器、タオル、スポンジなど)、調味料(サラダ油、七味唐辛子、醤油、塩、砂糖、お酢、マヨネーズ、
コショウなど)、 トイレ用具(トイレの清掃用品、便座カバー、トイレットペーパーなど)、洗濯用具(洗濯用洗剤、物干し台、
洗濯ばさみなど)、洗面用具(お風呂の清掃用品、シャンプー、リンス、ボディーソープ、椅子、洗面器、歯ブラシ、
足拭きマット、ティッシュペーパー、薬、ぞうきん、裁縫セット、補修工具など)等など、 単身受任などで一人暮らしを
始める時は、あげだしたらきりがないぐらい必要なものがたくさんあります。但し一人暮らしの引越しは、決して広いお部屋ではないと
思いますので、家具やベット等のサイズには気を配り単身サイズを購入しましょう。

なお、これらの物を引越し(一人暮らし)する前に準備しておくのと、引越し(一人暮らし)をしてから準備するのでは、
費用が変わってくる場合もあります。荷物を減らすよう、引越しをしてから準備した方が安くつくものや、
引越しする前に準備しておいた方が良い物などを、しっかりと見極めることが大事です。
また、キャッシュバックサービスなどを上手に利用して、費用をうまく抑えたり自分なりに工夫して、
楽しく快適な引越し&単身生活を目指しましょう。

ページの先頭へ